2018.04.01

女性活躍推進法における「行動計画」及び「女性の活躍に関する情報」を公表

行動計画

1. 計画期間

2018年4月1日~2020年3月31日

2. 目標と取組内容・実施時期

目標

(突発的な事故・クレーム対応等は除き)21時以降の残業をゼロにする。

取組内容

2018年 5月~
前年度の21時以降残業した労働者を抽出し、作業内容を確認する。
21時以降の残業申請時には、なぜ申請しなければならなくなったのかの真因を記載することを義務づけているが、その履行状況をチェックする。
2018年 7月~
四半期毎に21時以降の残業申請状況をチェックし、申請が多い部門の部門長には、その真因の改善状況についてヒアリングを行う。
2019年 4月~
前年度の21時以降残業した労働者を抽出して、目標の達成状況を確認する。
同時に、21時以降の残業申請が多い部門の改善における履行状況を確認する。

女性の活躍に関する情報

1.2018年度採用した女性労働者(正社員)の割合

総合職 制作専門職
女性 18人 137人 155人
比率 50.0% 89.0% 81.6%
全体 36人 154人 190人

2.労働者(正社員)に占める女性労働者の割合(2018年4月1日時点)

総合職 制作専門職
女性 136人 398人 534人
比率 36.4% 97.8% 68.4%
全体 374人 407人 781人

3.労働者(正社員)の月当たりの平均残業時間(2017年4月~2018年3月)

12.8時間

以上

お問い合わせ

ご依頼やご相談など、
お気軽にお問い合わせください