ページの開始
お問い合わせ
Tel 03-6832-2121

現在位置はホームの中の 世界・国内主要企業 常時SSL対応調査 2017年8月版です

|
ここから本文

2017年8月22日

世界・国内主要企業サイトの常時SSL対応が5割に

前回に続き、常時SSL対応について、世界および国内の主要企業サイトを対象に調査しました。

すでにGoogle Chrome等でhttpsでないページに警告が表示されており、今後さらに警告の対象が拡大されるため、企業としてhttpsへの完全対応が必須となっています。

  • 世界と国内で、常時SSL対応率に差は無い
  • 世界ではhttps完全対応率が3割を超すが、国内では1割程度で非常に低い
  • 欧米ではhttps完全対応率が非常に高く、アジアでは極端に低い
  • ドイツ、オランダではhttps完全対応率が7割と非常に高い

世界主要企業サイト 常時SSL対応状況(前回調査との比較)

 

国内主要企業サイト 常時SSL対応状況(前回調査との比較)

世界主要企業サイトの地域別 常時SSL対応状況(2017年8月)

欧州、北米では常時SSL対応は6割を超え、約半数はhttpsに完全対応している。一方アジアでは、常時SSL対応は3割弱で、https完全対応率は1割に満たない。

世界主要企業サイトの国別 常時SSL対応状況(2017年8月/対象企業が10社以上ある国)

ドイツ、オランダでhttps完全対応率が非常に高く、アメリカ、スイスが続く。日本、韓国ではhttp併用で常時SSLに対応する傾向が比較的高い。中国は前回(5%)から増加したものの、他の国に比べ常時SSL対応が進んでいない。

常時SSLとは

入力フォーム、ログインページ、決済ページ等だけではなく、Webサイトの全てのページをSSLで暗号化するセキュリティ手法。Webサイトの安全性・信頼性の向上や、SEO・アクセス解析等マーケティング面での優位性から主要Webサイトでの導入が増加している。

世界主要企業サイト/国内主要企業サイト 常時SSL対応調査 2017年8月版

調査内容:
フォーチュン(FORTUNE)「GLOBAL500」2016年版に掲載された企業および日経225に選定されている企業の公式サイトの常時SSL対応状況
調査方法:
PCによる目視調査
調査期間:
2017年8月8日~8月10日
調査対象サイト数:
世界主要企業 500サイト/国内主要企業 225サイト

※日経225とは

「日経平均株価(日経平均)」とも呼ばれ、東京証券取引所市場第一部に上場する銘柄のうち、市場を代表する225銘柄を対象とした株価指数(修正平均株価)。対象となる225銘柄については、流動性や業種セクターのバランスを考慮して選択している。

常時SSL対応のお問い合わせ

株式会社あとらす二十一 Webソリューション部

03-6832-2121 受付時間:平日 9 :00-18:00

お問い合わせフォーム

※広告・制作関連の同業、および個人の方のお問い合わせはご遠慮ください。



ここからフッターメニュー
ページの終わり
ページの先頭へ戻る