2020.10.01

ホールディングスサイトの現況と事例

ホールディングスサイトを単なる持株会社のIR情報ページとしてでなく、企業グループの顔として活用する企業を見かけます。そこで国内主要企業のホールディングスサイトを調査してみました。

ホールディングスサイトの傾向

  • 持株会社のIR情報用サイトから企業グループ全体の顔へ変化する傾向
  • 所属する事業会社が多い企業は、もとからある各社サイトをそのまま利用することが多い傾向
  • 事業会社が少ない企業や新設ホールディングスサイトの場合、一つのドメインで統一する傾向

ホールディングスサイトのドメインと構成

ホールディングスサイトはドメインから事業会社サイトとの関係性を注目すると、以下の3種類に分類できます。

ホールディングスサイトの構成割合

現状、もとからある事業会社のサイトを有効利用できるドメイン完全分離型が最も多く、4分の3以上を占めています。
一方、グループ企業のサイトを統括しやすく、CMSやMAなどの導入に関してトータルコスト面で有利になるドメイン一体型は、今後増えていくと予想されます。

ホールディングスサイトの構成別事例

POINT

ホールディングスサイト構築に関するご相談は